永久脱毛は脱毛サロンじゃできない?

えっ?脱毛サロンは永久脱毛じゃない?!

永久脱毛。それは女性の憧れなキーワードですね。
私も永久脱毛ができたら嬉しいですし、モデルさんのような露出の多い服も着ることだって許されるんだ~と思うと心躍ります。

ここ数年で急激に流行っている脱毛サロンの脱毛。
よく私の友人にも聞かれるんですが、脱毛サロンの脱毛って「永久脱毛」じゃないってことをご存知でしょうか。

確かに脱毛サロンは、脱毛させるための技術は持っていますが、どのエステサロンにも「永久脱毛」という単語は見かけることがありません。

それには、医療がふかーく関係しているからなんですね。

脱毛は実は医療行為だったのです

驚くかもしれませんが、脱毛というのは本来であれば医療行為なんです。
つまり、クリニックや医師でないと脱毛はできないとされていたのです。
じゃあ、なぜ脱毛サロンは、脱毛なんかできちゃうの?と疑問に思いますよね。それは、脱毛するときの条件でどうにかできているからなんです。

毛根細胞を壊したら医療行為 ということがあるからです。
クリニックなどの医療機関である場合は、正当な医療行為であるため、レーザー技師が毛根を破壊できる権利を持っています。

ただし、エステサロンではそんな人はいません。医療と提携していると書いてはありますが、医師の指導の元でもないですし、医師が常にいるようなものではありません。
レーザー技師もいませんから当然、毛根を破壊するまでの行為はできないのです。

つまり脱毛サロンが行っているのは、毛根にダメージをちょっとずつ与えることしかできないぐらいです。
でも、脱毛効果としては継続して脱毛サロンに通うことで得られるので、通う回数が増えるか、増えないかの差なのです。

じゃあ、医療脱毛のほうがいいんじゃ?と思いますが、脱毛サロンのほうがお得なのは、料金なんです。

クリニックで行う脱毛は、なんと保険は適用できません。
なぜなら、脱毛(美容目的)の場合は、病気ではないからです。
多毛症の場合のみ、脱毛の保険は適用されます。